「もっと快適に・・・ふるさと創り」

 清水新星は快適なふるさと高知の創造を目指し、「創る・解す(こわす)・蘇る」の総合企業へと新しい一歩を踏み出しました。
これまでの建設業のイメージ「建てる・造る」から進歩した、自然との調和と共生に根ざした開発計画を行うことが、 私どもの目指している「創る」事業です。
 また、目まぐるしく移り変わる時代の変化に対応するための「解す」も私どもの大きな役割であると考えています。
これまでに積み重ねてきた多くの実績と経験は、迅速で無駄のない解体ノウハウに生かされ、周辺の環境、 地域制を考慮した作業工程を実現しています。  そして、この時に生じる産業廃棄物や解体建材をリサイクルし、資源を「蘇らせる」重要性も忘れてはなりません。 解したものを貴重な資材として再利用する事は、資源開発を必要最小限に抑えることにつながっていくからです。
 高知県の青い海、緑の山、澄みきった水と空気は、全国に誇れる私たちの財産です。 何ひとつ欠けることなく次の世代に伝えることが、この地に生まれ育ったものの大きな使命でもあります。
「創造企業 清水新星」は、解体、リサイクルそして建設を三本柱に広い視野を持ち、総合的な事業をこれからも展開してまいります。

昭和46年創業
昭和53年 6月(有)清水解体工業 設立
昭和57年 9月(有)清水興業に商号変更
昭和57年12月(株)清水工業に組織変更
平成 8年 1月高知市仁井田1098番地より高知市池1402番地に本店移転
平成13年 6月新星道路と合併
(株)清水新星に商号変更
平成15年12月(有)清水開発と合併
平成23年 7月南国営業所を設置
平成24年 3月(有)新港建設工業と合併