「もっと快適に・・・ふるさと創り」

美しい海と山に囲まれたふるさと高知県。
私たちはこの豊かな環境を守り育てながら、人と自然が調和した新しい開発事業を目指しています。
高知県の明るい未来を子供達へ-。
(株)清水新星はふるさとを創造する企業です。

地球は水の惑星と呼ばれるほど水が豊かな星。 この一滴一滴の水のしずくが全ての動植物の源になり、 私たち人間もまたこうして生をうけています。 悠久の時の流れの中で、人間は生きてゆくための様々な ものづくりに挑戦し、今日ここまでの豊かな社会を築き上げてきました。 建築の分野では、近年、機能性と利便性を追求するあまり、開発に重点が置かれた 時代もありましたが、そこから私たちは多くの事を学びました。 高知県は山と海に囲まれた素晴らしい住環境を持つ大切なふるさと。 この自然とどう共生してゆくかが創造の大きなテーマでもあります。

形あるものはいつか必ず変化し滅びるもの。 それは自然界の摂理に始まり、人間の手で作られたすべてのものも同じ運命を背負って生きています。 永遠に変わらぬものは何一つとして存在しないのかもしれません。 そしてあるときは、目の前の現状をあえて打ち壊し、新しいものを迎え入れる勇気も必要です。 そうすることが自然に優しく、人にとっても住みやすい環境を創ることにつながってゆくからです。 壊すという行為は、そこに残骸が形として残りますが、ひとつの終わりがまた新たな始まりを生むこともまた、 私たちは自然界から学んでいます。

一見命の終焉を迎えたかに見える植物も、春になれば新しい芽が吹き花を咲かせます。 自然界の生物はそれぞれの周期を待って、誕生、終生、再生を繰り返してきました。 人間もまた自らの手で生み出し、その役目を全うしたものたちの命を再び蘇らせる責務があります。 現在多くの分野でリサイクルが行われていますが、建築資材もまた再利用できる貴重な資源です。 人間は自然をある意味壊さなくては生きてゆけません。 「蘇」という言葉には、自然らしさを取り戻してゆくという意味も込められています。